下柚木アローズ少年野球部 2008年冬親子大会


2008年12月6日、親子大会を開催。
西部リーグが終了してほっとしたひとときをたくさんの参加者で楽しみました。

コメントはすべてフィクションですのでお許しください。

親・コーチ相手に不足はない! 先発江夏? 聞いてないよ〜
ということはキャッチャーは伊東? 当たれば飛ぶんだがな、当たれば!
江夏とくれば王の一本足打法で粉砕だ。 いつのまにか阪神の桧山も!
うわ! 走られそう! おや、イチローが右打席に?
おっとっと、最近練習不足だ〜 おいおい、ボールだろ?
高目は禁物だぞ! こんどは低目に強い!
こすってもスタンド入りの余裕 息子にはまだまだ負けないゾ
この構え、只者ではない! おーい、お父さんたちマジだぞ!
みんながホームイン コーチも真剣
歩かせるより内角を攻めろ! 反撃だ
でも江夏、本気だし‥ いや、オヤジには負けない!
「やだね〜、大人気ない‥」 負けそ。打つぞ!
そら、息子の球をドカーン! 息子譲りの本格的なフォーム。あ、逆か?
打撃もすごい江夏! はーい、オヤジの名誉は守ったゼー!
監督「0対0にしとこ」 終了〜 食事の時だけ静か。腹減ったぁ
僕たちの出番、ないよ〜 こんどは母子対決ソフトボール
これくらいかな? そーっと‥ 案外楽しいわね
母さん、来い! 途中から母には子の選手で対決
おお! アローズに入りませんか? オホホ。入ろうかしら。
打てないからそうっと投げるのよ! 「でもここは甘いのよ」  カッキーン!
「ま、余裕よ」 「○○、わかってるわね‥」
はい、わかってます。 ほら、外角はこう流すのよ!
さあ、来なさい。 グローブのはめ方もサマになってますね
剛速球ピッチャー 「私を倒してみなさい。」 やっぱり母親はすごい!
ビューン! だんだん本気になってきて
ソフト部を結成しようかしら? チビッコ、打てよ
僕に手加減は無用だぜ! うふふ、甘く見てもらっちゃ困るな、兄ちゃん
打てないわね、子どもたち 日焼けしちゃうじゃないの!
どうだ、カキーン! ま、参りました!
そーっと行くからね 全力で来なさーい!
打つしかないわね 毎週やってもいいかしら。
それー やられちゃったよ〜
今日の監督のサインは「打たせろ」 考えて見れば、野球が上手なお父さん・お母さんが多いのは当たり前でした。

半年に1度は開催したいですね。
でも選手は年々上手になるので、みなさんも油断できませんよ!